血管若返りの効果が期待できる葉酸の働きとは?

 

 

 

血管若返りの効果が期待できる葉酸の働きとは?

 

 

葉酸といえば、ビタミンBの一つで、妊娠中の母体と、赤ちゃんの神経性の病気予防などの目的で、妊娠中は摂取した方が良いと言われているビタミンです。
実はこの葉酸には、血管を実年齢位か、実年齢以上に若くさせる事ができる効果もあると言われていて、こういった面でも葉酸は脚光を浴びつつあります。

 

 

葉酸は、名前に葉っぱと言う字が入っている様に、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物の野菜に多く入っていて、赤血球を始めDNAなどを作る時に欠かせないビタミンの一つでもあり、ビタミンB9と呼ばれる事もあります。
葉酸は、血管を硬くし、血管の中の壁を劣化させて錆の様なものを作り、血管を狭くしてしまう病気でもある「動脈硬化」を引き金となっている有害物質でもあるアミノ酸の内の一つ「ホモシステイン」の量を減らすことが出来ると言われています。
血管は血管自身で壊れた箇所を修復し、自ら血管を若返らせる能力を元々備えています。血管を傷つけたり悪さをする「ホモシステイン」の量を減らせば、血管はおのずと若く戻っていくという訳です。
「葉酸を含んだ食品を、摂取している人は血管の年齢が若くなっている」とテレビでも取り上げられた事もあり、葉酸は、血管の年齢を若く戻したい人には打ってつけのビタミンでもあります。
しかしながら、葉酸だけを摂れば血管に良いと言う情報に対して注意を促す専門家もあるそうです。

 

なぜかと言うと様々な実験で「葉酸を摂ったからと言って、心臓疾患や脳梗塞の発症を防ぐ作用はない」と言うデータが挙がっていて、葉酸が持つ働きをきちんとさせようとした場合には、ビタミン12も同時に摂取しないと働かない事もあり、一概に葉酸だけ摂れば健康になれると言う事ではないと言う事です。

 

実は葉酸はビタミンB12と摂取するべき?

 

血管若返りの効果が期待できる葉酸の働きとは?

葉酸は毎日のお食事から摂取される場合には、葉酸過剰症(亜鉛の吸収を阻み、ビタミンB12が不足していることを分からない様にする作用)も起こさず、特に問題はありませんが、サプリメント等の化合物から葉酸だけを過剰摂取する事は、勧められていません。

 

血管の年齢が高めの方や日々の葉酸摂取不足を感じる方は、毎日のお食事からしっかりと摂れるようにされると良いでしょう。
葉酸は葉物系の野菜以外にも、ブロッコリーやさつま芋、豆類、焼きのり、レバー等にも入っています。葉酸は水溶性ビタミンと言って、水に溶けやすく、熱にも弱いので基本的な調理方法は生で素材そのままを召し上げるか、サラダが良いでしょう。
中には歯の弱いお年寄りであれば、生では食べづらい方もあると思います。その様な場合は、その食材を湯がいたゆで汁を捨てずに、そのままゆで汁ごと召し上げると、葉酸も摂りやすくなりますね。

 

その他にももちろん葉酸は妊婦さんが摂取する事で赤ちゃんの先天性異常を予防する効果もあります。

 

ただ、葉酸サプリにも天然と合成のものがあり、安価なものは体に決して良いとは言えません。
なぜならその多くの成分が石油由来のもので、なんらかのリスクがある可能性があります。
そのためにも自分自身で葉酸サプリの見分けるポイントを知る必要があります。